TOP ニュース&レポート

山中湖アートキャンプの振り返り報告会


11月14日、目黒区民キャンパスのあいアイ館にて、10月30日~31日に行なった山中湖アートキャンプの振り返り報告会を致しました。



大人たちが感心するほどに、キャンプ出発時のバスの中から子どもたち同士の交流が盛んだったため、会が始まる前から「○○くんがいた、○○ちゃんは来ていないかな」というように子どもたちが部屋を見回していました。

報告会では主にキャンプの各イベントで子どもたちが何をしたかや製作活動の内容、食事の様子や、私たちがどういう意識を持って子どもを支援して接していったかをご報告致しました。

キャンプの事前の準備を子どもたち自身で出来たかに始まり、キャンプスタッフが教えたシーツの敷き方や毛布のたたみ方が出来たかという事も子どもに聞いて答えてもらいました。

そして、一日目の、木材を自分たちで切って好きなものを作るアート製作やペットボトルで作るランタン製作の様子、夜に行なったハロウィンパーティーでは子どもたちにクイズや問題を出してお菓子をあげた、といった内容もご報告致しました。

 

 

二日目に完成させたアート製作の完成品は各自、自宅の玄関や部屋に飾っているようです。

食事については、子どもたちが当日のご飯の献立を思い出し、どういう手順で何をどのように食べたか等を思い出し自由に発言していました。

また、子どもたちがとてもたくさんの量のごはんを食べたという報告に対して付き添いのお母さんたちは感心していました。




そのキャンプでの子どもたちの様子を撮影した動画を当日借りた会場のプロジェクタで見る予定が、どうにも調子が悪く結局パソコンで動画をみんなで囲んで見るというハプニングもありましたが、

子どもたちは自分が映し出されると声をあげたり、その時の様子を親に話していました。

自分がカメラに映っていないかと子どもたちは食い入るように画面を見ていました。

動画を30~40分程度で大まかに見たあとに、今回のキャンプの総括をし、これからの青少年育成支援ネットワーク伸びようネットの活動予定をお知らせして報告会を終えました。

子どもと保護者の双方にご満足して頂けたのではないかと思います。

来年度もキャンプの実施を予定しています。今回ご参加頂いた方も、また、興味のある方もぜひご参加下さい。