TOP
キャンプ活動

キャンプ活動


ここが新しい! 伸びようネットのキャンプ体験!

2013年開催のキャンプ

「2013年山中湖キャンプ情報」をアップいたしました!

2013年山中湖キャンプ情報
キャンプ名 内容

冒険キャンプ(サバイバルキャンプ)
・日程:8月 9日~8月11日 2泊3日

アートキャンプ
・日程:8月22日~8月14日 2泊3日

エンタメキャンプが物足りなくなったらこちらにチャレンジ!自然は美しいけれども厳しいも の!体力・知恵・技術を駆使して生き残ろう!サバイバル術がみにつきます。

 →【サバイバルキャンプ2012】開催レポート
 →【サバイバルキャンプ2011】開催レポート

ハロウィンキャンプ(親子でアートキャンプ)

・日程:10月26日~27日 1泊2日
子どもたちは表現することが大好き。大自然のふところで、全身を使って造形・創作活動を楽しみましょう!眠っている美の感性を揺り動かしてみませんか?

夏休み最後のキャンプ自由研究、宿題OKですか?お役に立ちます!!

 →【アートキャンプ2011】開催レポート

キャンプから子どもは沢山の事を学び取ります

「生きる」ということは、人間同士が関わり合いながら、五感をバランスよく使い、知恵を絞って行動することです。

五感と知恵がきちんと働けば危険が回避でき楽しさも喜びも倍増します。その五感を鍛え、知恵を培うのに最適なのはキャンプです。 自然の中では予測できないこと、知恵を使わなくてはならないことに遭遇します。

自然に囲まれているといやでも五感が研ぎ澄まされ、子供達は自然と言う教場で楽しみながら生きる知恵を学びます。五感力・コミュニケーション力を高め本当の「生きる力」を身につけましょう!!

五感力・生きる知恵・コミュニケーションを高めるために今年は、
是非キャンプに送り出してください!!

挨拶ができない、会話ができない、携帯電話の普及からでしょうか。 何か知りたかったらインターネット、退屈したらテレビやテレビゲーム。外に出る時もイヤホーンで音楽を聞きながら自分だけの世界に浸る…、こういう若者が増えています。 これって本当に生きているといえるのでしょうか!

「生きる」ということは人間同士が関わり合いながら 五感をバランスよく使い、知恵を絞って行動することです。五感と知恵がきちんと働けば危険が回避でき楽しさも喜びも倍増します。五感を鍛え、知恵を培うにはどうしたらいいのでしょうか。いろいろ方法はありますが、最適なのはキャンプです。自然の中では予測できないこと、知恵を使わなくてはならないことに遭遇します。

自然に囲まれているといやでも五感が研ぎ澄まされ、子どもたちは自然と言う教場で楽しみながら生きる知恵を学びます。伸びようネットでは一人でも多くの子どもたちにキャンプという体験活動を通し五感力を培い、生きる知恵を提供したいと思いっています。

『参加準備』から『実際の体験』を経て、『振り返り報告会』へ

私たちが一緒に活動します!! 伸びようネットのキャンプスタッフ

✤自然体験活動のプロキャンプディレクター

年間を通して自然体験の企画・運営・指導をしているキャンプディレクターが、キャンプを運営します。

✤キャンプ講習会を修了したキャンプリーダー

将来学校の先生・幼稚園の先生・保育園の保育士など、子供達の教育に携わることを目標にしている大学生です。子供達と一緒に行動する、頼りになる先輩です。

✤ここが出番キャンプインストラクター

キャンププログラム及びキャンプ生活を提供するために必要な事柄の専門家
(看護師・カウンセラー・子供教育の専門家・1つの技能に卓越した人等)

✤何でも応援キャンプサポーター

縁の下の力持ち色々な雑役を引き受けてくれるキャンプ応援者

キャンプなど直接体験イベントの開催情報、開催レポートは
ニュース&レポート」のページでお知らせいたします!

「体験活動」の大切さ

私達が提供している「体験活動」という言葉には大きな意味が込められています。

「物に触る、他者と交流する、他者との協力による作業」のような、いわば原始的な体験を「直接体験」と呼びます。これは歴史的に見ると最も初期に現れた体験方法で、一般的に子どもが小さい頃から自然と体験するものとしての位置づけがあります。

そして、それら上述した技術、情報などを他者から伝え聞く・学習するものとして「間接体験」というものがあり、これは現代で言うと、勉強や読書、あるいはテレビなどの娯楽に当たり、人間が豊かになるにつれて後から出てきたものと言われています。

 

これらは、一昔前であれば、子どもたちの生活で両者のバランスが取れて成長出来ていました。

しかし現在、子どもを取り巻く環境の変化によって、本来は直接体験を補完する役割である「間接体験」の割合が非常に多くなってしまい、その均整が取れなくなったことで、子どもたちの成長にさまざまな悪影響があるといわれています。

ご家庭でのお子さんはいかがでしょうか?

そこで私たち「伸びようネット」では、この「直接体験」プログラムを広く提唱して、本来子どもたちの持っている純粋な成長能力を後押ししています。